2015年07月06日

登山用の腕時計じゃなくて独立した高度計や気圧計を持つって手もあります


バリゴES7なんかのセンサー付きの腕時計があれば、これひとつで、気圧、高度、気温、方位がわかるわけですが、1つの時計で複数の機能を受け持っているので、ボタンで切り替える必要があります。

ま、気温は、気圧とセットで表示されますから、あれですけど、正確な温度は、腕から外してしばらく放置しておかないと計測できないのが、腕時計型の電子温度計の欠点です。

そんなら時計じゃなくて、ザックにぶら下げるやつ、それもアナログのやつでいいじゃんって考えも当然でてくるわけで、そんな方にはこれです。



温度計とコンパスは独立して付属しています。

アナログ高度計は5000m(!)まで計測できるそうです。

もちろん、アナログ式なんで、電池不要です。

■仕様
■サイズ(約):(高度計)W7×H8.5×D3cm、(コンパス部)W2.5×H7×D1.5cm
■重量(約):106g
■高度計: 最高5000mまで測定可能。(1目盛20m)
■精度:±5% ±10m(1500mから5000m)、±7% ±10m(0から1500m)
■気圧計:580hPaから1045hPa(1目盛:5hPa)
■使用温度:-30℃から+60℃
■付属品:高度計、温度計、コンパス、フック、取扱説明書(英語・中国語表記)

日本語の取説は付いてないそうです。

いまいち、正確じゃなさそう? そう感じる方には、こんなのもあります。

こっちはデジタルですが、なんと風速計までついています。
ポケット気象メーターと呼ばれています。



手のひらにのるサイズですけれど、風速、最大風速、平均風速、温度、体感温度、相対湿度、熱指数、露点温度、湿球温度、気圧、高度の測定が出来ます。

水に落としても防水、しかも浮きます。

いたれりつくせりです。

本体寸法は、122 x 42 x 20 mm。ザックにぶら下げるにはちとでかい?

 




posted by バリ子 at 00:48 | 気圧高度計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼まずはレンタルでお試ししてみるのも山の道具のかしこい選択方法です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。