2014年10月22日

バリゴES7 vs セイコー プロスペックス アルピニスト。 どっちが女子向け山用腕時計?


ま、私はすでにバリゴES7を買いまして使っているわけですが、最後まで選択にまよったのはセイコーのプロスペックスのアルピニストでした。


▲実売価格は2万円を切りました

ここでは、バリゴES7とアルピニストを改めて比較してみます。

ドイツと日本の勝負です。

あ、バリゴES7もアルピニストも中華製ですけどね。

さて。まず、大きさと重さ。

アルピニストは、

●サイズ:52×45mm
●ケース厚:12.5mm
●重量:52g

これに対してバリゴES7は、

●サイズ:47×45mm
●ケース厚:14mm
●重量:57g

アルピニストの方が5円玉1枚分うすくて、1円玉5枚分軽いです。女子的にはアルピニストの勝ち

P1030182.jpg

次、エネルギー源。

●アルピニストは太陽電池。ソーラー時計です。
●バリゴES7はリチウムコイン電池CR2032。自分で交換できます。

ま、この点でもそもそも電池要らないからアルピニストの勝ち

機能的にバリゴES7になくてアルピニストにある機能は、

●消費カロリー計算(体重+荷物重量を入力して計算する)
●WEBアプリ対応(アルピニストに記録したデータを使って、写真と一緒にweb上に保存したり、Facebookに投稿できるWEBアプリです。時計がPCと通信できるわけではありません)
●ワールドタイム機能(35都市+7大陸最高峰+富士山)
●100m防水(バリゴは5気圧防水)

って感じです。バリゴES7にはない機能なんだからアルピニストの勝ち

逆にバリゴES7にあってアルピニストにない機能は、

●気圧、方角、高度、3つの独立した機能呼び出しボタン

くらいかな?


なんで、わたし、バリゴ買ったのかしらん。



▲バリゴはまだ値崩れしてません(2014年10月現在)でも中古品は2万円未満です

amaznonでは...





こんな感じです。

結局わたしは、実際に2つの時計を見比べてみて、質感とデザインでバリゴES7を選択したのでした。

このまあるい本体に調和を感じてしまったのですね。

こないだ出た、このシブイ色、どですか?






>>>ES7のレビュー(口コミ)はこちら

>>>ES7の最安店を楽天でさがしてみる

>>>ES7をamazonでさがしてみる

posted by バリ子 at 19:00 | 女子用山時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

バリゴES7の口コミ。女子的に選んでみた山用腕時計。


登山女子がバリゴES7を選んだ理由、口コミです。

わたしの場合、バリゴES7を選んだ理由は、

●高度計を備えた腕時計の中では大きさが小ぶりでいい感じ
●独自の数字書体が面白い。ツボにはまる
●デザインがシンプル

って感じです。

機能的にもっと望む点があるとしたら、

●やっぱり電波時計ならもっとよい
●やっぱりソーラー時計ならさらによい

って感じです。

電波ソーラー機能を備えた高度計付きの小ぶりな腕時計となると、今のところカシオのプロトレックのスリムラインシリーズになります。

プロトレックにもいろいろあるわけですが、薄型なのは、このスリムライン、PRW-3000ですね。



デザインは好みですからね......










>>>ES7のレビュー(口コミ)はこちら

>>>ES7の最安店を楽天でさがしてみる

>>>ES7をamazonでさがしてみる

posted by バリ子 at 06:45 | 女子用山時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

バリゴの腕時計。女子ならこれ。ES7。


バリゴ社はドイツの気圧計メーカーで、時計も作ってます。



バリゴ社は登山用の腕時計も作っていて、フィンランドにある精密機器メーカースント(SUUNTO)にはかないませんが、そのスジでは有名だったりします。

これまで、バリゴ社はこんな腕時計を発売してきました。







んで、このE7の後継として発売されたのが、私が購入したES7ってわけですね。

色もいろいろあって、いい感じです。



登山用とゆーかアウトドアウォッチとゆーか山用の腕時計には、スントのヴェクター、カシオのプロトレックなどいろいろありますが、バリゴもちょっと検討してみてもいいのでは? とバリゴ持ちの私として推薦してみます。











>>>ES7のレビュー(口コミ)はこちら

>>>ES7の最安店を楽天でさがしてみる

>>>ES7をamazonでさがしてみる

posted by バリ子 at 19:13 | バリゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼まずはレンタルでお試ししてみるのも山の道具のかしこい選択方法です


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。